1-2 新たな仕事の探し方

働き方の選択は、これからどのように暮らしていくのかによって左右されます。収入か、社会との関わりか、社会・地域への貢献なのか、といった優先事項を明確にしておく必要があります。収入を優先させるなら、フルタイムでの勤務が必要でしょう。しかし、年齢的に正社員での雇用は厳しく、仕事が決まるまでに時間がかかることを覚悟してください。

収入よりも健康や社会との接点を維持したいということであれば、勤務時間が少ない臨時的な仕事を探す方法もあります。また、シルバー人材センターに登録をして仕事を選択しながら働く、地域の市民活動にボランティアとして参加する、という方法もあります。

働き方の選択によって、どのような方法で仕事探しを行うかが決まります。フルタイムの仕事はハローワーク、人材紹介、人材派遣、求人情報誌、インターネットなどで探すことになりますが、雇用機会均等法、年齢の記載条項によって、その求人が自分を対象としたものかどうかがわかりにくくなっています。記載の不鮮明さに気をつけてください。

また、就職活動を進めるためには、今までの職務経歴を整理して自分のセールスポイントを認識しておくこと、カウンセリングを受けて自己アピールの方法などを知っておくことも必要です。

  • 働き方による待遇の違い
  • ハローワークを利用する①
  • ハローワークを利用する②
  • 人材派遣で仕事探し
  • 人材紹介で仕事探し
  • 求人情報の見方・読み方
  • インターネットで仕事探し
  • シルバー人材センター
  • 履歴書・職務経歴書作成
  • 自分のキャリアを確認
  • カウンセリングを受ける
  • ボランティア活動
  • 目次へ