6-1 転居・UJIターン

家族構成によっては、相応の広さの家に転居する、ということもひとつの選択です。海外で暮らす、出身地に戻る(Uターン)、出身地の近くまで戻る(Jターン)、旅行、転勤で気に入った地域に転居する(Iターン)という選択もあります。また、交互に今の住まいとUJIターンの住まいを使い分ける2地域居住をする方も増えています。

転居・UJIターンは、一緒に住む家族が賛成してくれるかどうかがポイントです。家族にとって、住居や仕事がどうなるのか、そこで暮らしていけるのか、といった不安があることを忘れないでください。

近年、UJIターンへの支援策をとる自治体が増えてきました。住居はもちろん、仕事情報の提供などを行っています。また、東京、大阪など大都市に相談コーナーを設置している自治体もあります。相談コーナーや支援策を上手に利用したいものです。

目次へ